ピロリ菌をすっきり除去!
新着情報

◎2017/6/7

予防・対策テクニック
の情報を更新しました。

「ピロリ 感染」
に関連するツイート
Twitter

貧血に関する本を読んでいた時にピロリ菌に感染していた場合にも鉄欠乏性貧血になる場合があると書かれていてこれだと思って。呼気検査を受けたら見つかった。

げ!!生焼けの鶏肉食べてしまった!調べてみるとカンピロバクターピロリ感染する可能性あり。潜伏期間は2-7日。別の意味でそわそわしなきゃ〜( ;∀;)

胃炎とピロリ菌の話です。 はてなブログに投稿しました #はてなブログ 【胃炎・ピロリ菌】ピロリ菌に感染して胃炎になり、除菌しました(その1) - 豆球~闇夜をほのかに照らす~ mamekyuu2.hatenablog.com/entry/2018/06/…

Twitter jijian0426 よしこう@シューマイシュリケン

返信 リツイート 昨日 20:00

ピロリ菌の基礎知識】「ピロリ菌と胃がんの関係」がんになる原因は、喫煙や食事などの「生活習慣」、ウイルスや細菌による「感染」、そして「遺伝的要素」などがあります。感染が・・・ pylori-kin.net/pylori/04.php #ピロリ #胃がん

Twitter pylori_kin_net ピロリ菌ネット

返信 リツイート 昨日 19:00

ピロリ菌の基礎知識】「ピロリ菌と病気(胃・十二指腸潰瘍)の関係は?」現在60歳以上の人口を考えると、多くの日本人がピロリ菌に感染していることになりますが・・・ pylori-kin.net/pylori/03.php #ピロリ #胃潰瘍 #十二指腸潰瘍

Twitter pylori_kin_net ピロリ菌ネット

返信 リツイート 昨日 13:00

ピロリ菌に感染している人は慢性胃炎だったり胃酸分泌が低下しているから胃食道逆流は起きないのよね、ピロリ菌に感染していない人は胃酸分泌が多くなるのよね〜。

ピロリ菌の原因・症状・胃がんとの関係 【消化器病学会専門医が解説】ピロリ菌とは、ヒトの胃に住みつく細菌で、50歳以上の人の約80%が保菌していると考えられています。正式名称はヘリコバクター・ピロリ菌。ピロリ菌の感染源、関連する症状、検査方法、除菌方法を始め、胃炎や胃潰瘍、胃がんなどのピロリ菌が引き起こすと考えられている病気について専門医が解説します。 *こちらの記事は私が役立つ記事だと思いました...

「がん」で亡くなる人が増え続けている日本。 ピロリ感染の有無で胃がん予防、血液一滴でがん早期発見など、今後ますます検査の多様化が進む。 早期発見で95%は治せる「がん」で、 無駄死にしない時代へ! toyokeizai.net/articles/-/225…

Twitter SaRyouSaRyou さとう りょう

返信 リツイート 昨日 12:37

胃がんになりやすいのは、萎縮性胃炎がある場合と、ヘリコバクターピロリという菌に感染している場合があります。萎縮性胃炎があるかどうかは内視鏡検査で確認するのですが、血液中のペプシノゲンという物質の量でも推測することができます。

Twitter herusian01 へるしあん

返信 リツイート 昨日 11:20

【特発性血小板減少性紫斑病(ITP)(1)】血小板の破壊が亢進し、その結果血小板数が減少する。 ・出血症状が無く、ピロリ菌に感染している場合にはまずピロリ菌を除菌する。 ・出血症状がある場合、またはピロリ感染が無く治療が必要な場合にはステロイドを投与する。

ピロリ菌をなくそう!

ピロリ菌に感染して

ピロリ菌に感染して 慢性胃炎や胃潰瘍そして胃がんが発症するのにピロリ菌が原因とも言われています。
ピロリ菌に感染しているのではないかと思われる人には、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こしやすい人、胃の不快感が長期間続いている人、1970年以前に生まれている人、衛生環境が良くない所に住んでいたことがある人、家族にピロリ菌の感染者がいる人と言われています。
特に胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こしやすいという人は感染している場合が多いと言われます。
そのような状態になっている場合には健康保険を使ってのピロリ菌の検査や治療ができます。
現在潰瘍などが無い人で検査を受けたいと思った時には原則として自費の検査となります。
菌を見つける検査には2種類があります。
内視鏡を使って検査をするのと、内視鏡を使わない方法があります。
胃カメラを飲まずにするのには、尿素呼気試験法で最も一般的で精度の高い検査法になります。
検査薬を飲んで15分〜20分後の呼気をとり調べます。
とても簡単で検査に危険もないこともあり今後は広く利用される方法になると思われます。
また、血液や尿、唾液などをとって抗体の有無を調べることや、検便によって検査する精度の高い方法もあります。

ピロリ菌にはどのような対策が必要か

ピロリ菌は、感染していても目立った症状が出てこない事が多いので、自分では気が付きにくい病気であります。
しかし、感染している事によって、胃潰瘍や胃がんなどが発症することもあるので、気をつける必要もあります。
対策としては、まず自分がピロリ菌に感染しているかを知ることが大切です。
病院で検査をし、感染している場合は、除菌をするために薬を服用します。
抗生物質なので、副作用が出る事もありますが、ほとんどの方が一時的な症状で済みます。
薬によってピロリ菌がなくなった後、一度なくなったらもう感染しないといったものではないので、その後も検査をして、感染の有無を確認することも感染しないための予防対策になります。
また、日々の生活でも、出来る対策としては、食事にあります。
緑茶に含まれているカテキンが、除菌力があると言われてきましたが、最近では、ヨーグルトも注目されています。
スーパーやコンビニでも購入可能なヨーグルトの中に、LG21という乳酸菌が含まれているものがあり、医療の研究でもピロリ菌を除菌する効果が実証されています。
感染しているか不安な場合は、医療機関で検査を受け、自分の症状をしっかり知ることと、日々の生活で食事に気を配る事が、大切になります。