ピロリ菌をすっきり除去!
新着情報

◎2017/6/7

予防・対策テクニック
の情報を更新しました。

「ピロリ 感染」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@pirororo3150 ピロリ菌は風邪のウイルスに感染するの?

中学生にピロリ菌チェックをして、胃がんを減らせるの?:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/SDI20… これか。はっきり言おう。中学生にこの検査は必要ない。ピロリ菌は年齢に関係なく食事などで口から入り感染するからです。胃がんを減らす予防医学的なメリットがありません。

“現時点では、中学生よりもずっとピロリ感染者の割合が高くて胃がんの発症率も高い成人に対してさえ、胃がん検診としてのピロリ菌チェックは証拠不十分として対策型検診としては勧められていません。任意型検診として実施されています。” asahi.com/articles/SDI20…

Twitter朽木誠一郎 Seiichiro Kuchiki@amanojerk

返信 リツイート2 19:54

返信先:@ryulovepi こんばんは😃 ピロリ菌は、赤ちゃんの時に感染していなければ、成人してから感染する事は無いと言われています。

Twitter花の慶次と猫が好き@Maeda_keizirou

返信 リツイート 19:19

ピロリ菌 Q&A】「除菌を一度すれば、もうピロリ菌に感染することはないのですか?」→pylori-kin.net/question/q2.php #ピロリ #除菌

Twitterピロリ菌ネット@pylori_kin_net

返信 リツイート 19:00

「続・ピロリ菌の感染経路と感染予防」 5歳以下の乳幼児には親が噛み砕いた食べ物を与える、同じ箸で食事を与える事を避ける。虫歯対策と同じ。 ⇒この時期は胃内の酸性度が弱く、免疫能も不十分なためピロリ菌が生き延びやすい。成人以降は感染しても一過性に終わることが多い。 #ピロリ #胃がん

Twitterまつさく@双極精神科医@sakura_tnh

返信 リツイート 13:06

ピロリ菌の感染経路と感染予防」 感染経路は明らかでない。 ピロリ菌はヒトやサルの胃内でのみ確認⇨ヒトからヒトへの経口感染と推測。 ①60歳以上でピロリ菌保有者が多い(約70~80%)⇒昔の劣悪な衛生環境によるもの ②最近の若者での菌保有者⇒子感染、兄弟感染などによる #ピロリ #胃がん

Twitterまつさく@双極精神科医@sakura_tnh

返信 リツイート 13:01

「沖縄県は胃がんでの死亡率が全国で最も低い」 ピロリ菌には複数の種類があり沖縄県の菌種は本州の菌種より胃がんリスクは低い。感染を回避するにこしたことはないので沖縄の人にも検査・除菌は有用。 補足:胃がんはピロリ菌の感染に加え、食事、喫煙、遺伝的素因が合わさり発病 #ピロリ #胃がん

Twitterまつさく@双極精神科医@sakura_tnh

返信 リツイート 12:34

返信先:@HAYASHI_ZAKI 虫歯菌やピロリ感染するからねー でもわかるお!わかるぉ! ちゃんと動画撮って結婚式とか大きくなった時に見せてあげるんだお!! 毎日変わるから超楽しいんまぉ

Twitter子供に怖がられるアザラシの1例@anikanmin

返信 リツイート 11:39

返信先:@nekoacademy0 ヘリコバクター・ピロリというのが正式名称なんですね。うちの母は数年前ピロリを除菌しました。井戸水に関わった事のある人に多いとか? 感染症による がん は、遺伝的な要因よりは防ぎようがありそうですね! 何ごとも小まめな検診と予防ですな。

ピロリ菌をなくそう!

ピロリ菌に感染して

ピロリ菌に感染して 慢性胃炎や胃潰瘍そして胃がんが発症するのにピロリ菌が原因とも言われています。
ピロリ菌に感染しているのではないかと思われる人には、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こしやすい人、胃の不快感が長期間続いている人、1970年以前に生まれている人、衛生環境が良くない所に住んでいたことがある人、家族にピロリ菌の感染者がいる人と言われています。
特に胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こしやすいという人は感染している場合が多いと言われます。
そのような状態になっている場合には健康保険を使ってのピロリ菌の検査や治療ができます。
現在潰瘍などが無い人で検査を受けたいと思った時には原則として自費の検査となります。
菌を見つける検査には2種類があります。
内視鏡を使って検査をするのと、内視鏡を使わない方法があります。
胃カメラを飲まずにするのには、尿素呼気試験法で最も一般的で精度の高い検査法になります。
検査薬を飲んで15分〜20分後の呼気をとり調べます。
とても簡単で検査に危険もないこともあり今後は広く利用される方法になると思われます。
また、血液や尿、唾液などをとって抗体の有無を調べることや、検便によって検査する精度の高い方法もあります。

ピロリ菌にはどのような対策が必要か

ピロリ菌は、感染していても目立った症状が出てこない事が多いので、自分では気が付きにくい病気であります。
しかし、感染している事によって、胃潰瘍や胃がんなどが発症することもあるので、気をつける必要もあります。
対策としては、まず自分がピロリ菌に感染しているかを知ることが大切です。
病院で検査をし、感染している場合は、除菌をするために薬を服用します。
抗生物質なので、副作用が出る事もありますが、ほとんどの方が一時的な症状で済みます。
薬によってピロリ菌がなくなった後、一度なくなったらもう感染しないといったものではないので、その後も検査をして、感染の有無を確認することも感染しないための予防対策になります。
また、日々の生活でも、出来る対策としては、食事にあります。
緑茶に含まれているカテキンが、除菌力があると言われてきましたが、最近では、ヨーグルトも注目されています。
スーパーやコンビニでも購入可能なヨーグルトの中に、LG21という乳酸菌が含まれているものがあり、医療の研究でもピロリ菌を除菌する効果が実証されています。
感染しているか不安な場合は、医療機関で検査を受け、自分の症状をしっかり知ることと、日々の生活で食事に気を配る事が、大切になります。