ピロリ菌をすっきり除去!
新着情報

◎2017/6/7

予防・対策テクニック
の情報を更新しました。

「ピロリ菌 発見」
に関連するツイート
Twitter

毎年検査(ドヤァ)とか言ってるけど母は50代で年一検査してても発見した時にはそこそこ侵攻されてたのでもっと若い人はマジで防ぎたかったら検査年一じゃ足らん。体若くて1年あれば殺される。しかも今は減ってるとは言えピロリ菌は感染しますよーん(私は母子感染)サイレントキラーシャレならん

山本KIDの早過ぎる死も残念だが、死因が胃癌と知り更に残念。胃癌は早期発見すれば治せる。その為にはバリウムか胃カメラの検査が効果的。ピロリ菌が体内にいる人は胃癌発病の可能性がぐんと上がる。防げる癌で命を落とす人が日本人に目立つ。人生を楽しみたければ年1回の健康検査を受けよう。

KID選手胃がんだったのか。私の恩師も胃がんで発見から2か月で他界された。 胃がんのほとんどはピロリ菌が原因。 これは内視鏡で採取して精研に出さないとわからない。自覚症状も早期段階ではまず無い。 アンディーフグはウィルス性の病だった。 この微細な敵たちと闘える医療を望みたい。

返信先:@JPubbPickUp 早期胃がんはピロリ菌除去で大分罹患回避できるだろうから早めに検診受けた方がいい 血液検査でわかる#大腸癌#胃がん#早期発見

ピロリ菌除去すりゃいい胃ガンと違ってスキルス胃がんだと見つかりづらくわかった頃にはもう遅いのか…、35歳過ぎて家庭持っている人は毎年検査したほうがいいよ?俺は独身だけど難病申請で毎年やらされるからかえって早期発見出来そうだけど。

返信先:@kawa44_dark他1人 胃がん検診はバリウムと内視鏡のそれと比べると後者の方が10倍ほど早期胃癌の発見率が高いです。 あと内視鏡検診を受けるとピロリ菌感染の可能性についても検討も可能です。ピロリは親子感染ルートが有力な感染経路なので、胃がん、胃潰瘍予防のためにも一度内視鏡を検討してください。

RT @yukitakoni: 「防げる死を防ぐ 」方法があるのに知られていない。 これは乳がんにおける早期発見・早期治療のための 「ピンクリボン運動 」みたいに、「ピロリ菌検査キャンペ ーン 」が必要なんじゃないか。 そう考えたのが始まりだった。 kindle版28%off…

Twitterkさま 不条理だ。@DrWp4

返信 リツイート 昨日 5:00

返信先:@oj020822 僕は胃の検査で胃カメラ飲まされてピロリ菌発見して薬飲んだし点滴もされた。値段も高いし何より病院になんて頼りたくねえ

がんの部位別罹患者数において「大腸がん」が「胃がん」を抜いて1位というニュースが流れました。 今回の結果の背景として、大腸がんの増加もありますが、ピロリ菌検査によるピロリ菌除菌が進んだことで、胃がんが減ったことも大きな原因かと考えられています。 いずれにせよ「早期発見・早期治療」が大切です。 毎年、同じ時期に同じ検査をきっちり継続して受け続ける...

つまりこれで年1回の胃カメラが決定した。 ピロリ菌除去したからといって安心して、その後に胃カメラのフォローを怠ると胃がんの発見が遅れるケースがあるらしい。 胃カメラほんと嫌だけど仕方ない。 これが予防医療だ!!!!

ピロリ菌をなくそう!

ピロリ菌を呼気検査で発見する

ピロリ菌を呼気検査で発見する 胃がんの危険因子のピロリ菌は、尿素呼気試験法という検査でほぼ100%発見されるので予防のために一度検査をおすすめします。
検査はかんたんで、一度息をバッグとよばれる袋に吹き込み診断薬を服用します。
その後およそ20分ほどして、再びバッグに息を吹き込みます。
尿素成分の含まれる薬を服用した後の息は、胃の中にピロリ菌がいると自然界には多く存在しないCー13の炭素をもつ二酸化炭素が呼気に多く含まれいます。
もしピロリ菌が発見されれば、除菌して病気のリスクを回避することができます。
検査はとてもかんたんですが注意点は、尿素呼気試験法をおこなう前の食事です。
検査で使われる薬に影響を及ぼしやすいパイナップル、とうもろこし、豚肉、鶏肉、たまごなどの食品は避けた方が無難です。
または検査は胃の内容物がすっかりなくなるまでできないため、最低約4時間まえに食事をすませましよう。
なるべく消化のよい、軽めの食事がおすすめです。

ピロリ菌に対する呼気検査の数値について

何らかの原因で胃潰瘍になった方は、ピロリ菌の検査を再検討していくことが大事です。
内視鏡の検査は病院に関する内容がはっきりとしていくため、数値化ができる範囲ならば相談の機会を増やしていく部分が必要です。
療法を見直していくようにすれば、ピロリ菌の関するメリットが出ていくことから、間接的な検査であっても市が補助してくれるならば、前向きに検査を受けてみる意識が重要です。
ピロリ菌を退治する抗体を増やしていければ、健康的な生活を過ごすことができるようになります。
それから血液中に含まれる内容を数値で表現すれば、具体的な症状を理解する方向がはっきりとします。
ピロリ菌は胃の粘膜を刺激させることがわかっており、胃もたれなど生活への負担を感じされる要因に発展していくのです。
正しい知識を理解することで、消化器官全体を元気にするといった内容がはっきり見えていくようになります。
呼気検査をすれば、より鮮明な数値が出ていきます。