ピロリ菌をすっきり除去!
新着情報

◎2017/6/7

予防・対策テクニック
の情報を更新しました。

「胃炎 粘膜」
に関連するツイート
Twitter

【ハーブの知識】スリッパリーエルムの樹皮は粘膜の荒れを緩和し、傷ついた喉の炎症を治療してくれます。また胃腸の荒れも治す効果がありますので、胃腸風邪や胃炎などの症状にも有効なハーブです。 #風邪 #ハーブ #喉 shizenryouhou.com/shop/products/…

Twitter shizenryouhou Naturopathy自然療法

返信 リツイート 6:00

【夏におすすめのネバネバ】 オクラに含まれるムチンやペクチンという食物繊維は、夏バテで疲れた腸内環境を整えて胃炎などを防いでくれる効果が◎ さらにオクラのぬめり成分には肌の粘膜を強くして潤いを保つ力があり、美肌効果も期待できますよ✨💕 #Fysta pic.twitter.com/Q10prldrSL

Twitter fystalab Fysta-おうちで簡単10分ダイエット

返信 リツイート 昨日 21:29

【悪性貧血 Pernicious An.】←マリグ× 内因子(←V.B12吸収に必要で、胃壁から分泌)分泌低下性貧血のこと。 「高齢者が萎縮性胃炎⇒内因子↓⇒貧血」が多い →胃粘膜の器質的変化なので難治性 ▷B12筋注(内服×) 【巨赤芽球性貧血(B12↓/葉酸↓】で最多

Twitter Medical_xa 医師国家試験ろ-bot

返信 リツイート 昨日 20:08

求める効能は、粘膜の保護(喉のイガイガやストレス性胃炎の予防)、免疫力アップ、リラックスなど。カモミール配合のものも試飲したけど香りが苦手だと伝えてカモミール抜きにしてもらった。大きめのマグも買って、ゆっくり飲む。 pic.twitter.com/1g9ktjzW7V

胃炎は傷害の深さが粘膜内に留まっている状態であり、びらんとも呼ばれる。 慢性の胃炎では炎症が強いというよりも粘膜が萎縮している萎縮性胃炎のタイプが少なくなく、ヘリコバクター・ピロリの感染も多いので胃潰瘍、胃がんとの関連にも注 #メディカルハーブ

Twitter MedicalHerbSt 植物療法&植物化学bot

返信 リツイート 昨日 16:46

[ガスコン]・・・ジメチコン 消化管内ガス駆除剤, 胃内有泡性粘液除去剤 [ガスロン]・・・イルソグラジンマレイン酸塩 粘膜防御性胃炎・胃潰瘍治療剤

慢性胃炎 ピロリ菌によるものが80%(B型) A型は自己免疫性 萎縮性胃炎:血管透見像・粘膜上皮の再生が見られる

病院曰くストレス性胃炎+ 胃の粘膜がさがって なんちゃら膜が引っ張られている ことによる痛みだとか

返信先:@konktm 胃炎とか胃潰瘍とかには粘膜保護できて良いらしいので、おなかが減ってキリキリして来たら飲んでる

Twitter miyabi9821 🦇雪乃雅(どタボ)🍆

返信 リツイート 昨日 2:25

1回生の時に急性胃炎と急性胃腸炎と逆流性食道炎を経験してるから痛みの場所と感覚で粘膜が溶けかけてるかわかる

ピロリ菌をなくそう!

ピロリ菌は腸上皮仮性を引き起こす

ピロリ菌は腸上皮仮性を引き起こす ピロリ菌は飲食物から体内に入りこんで感染するとされているもので、5歳以下で感染することが多いとされています。
このピロリ菌に感染してしまうと感染の自覚症状はほとんどないのですが、胃の粘膜に感染してしまうと胃に炎症を引き起こすとされています。
感染が長く続いてしまうと、感染の範囲が徐々に広がっていき胃粘膜全体に広がってしまうと慢性胃炎を引き起こしてしまいます。
慢性胃炎が長引くと胃の粘膜の胃液などを分泌する組織が減ってしまい胃の粘膜が薄くなってしまうことで胃の萎縮が進んでしまいます。
それによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎などを引き起こす原因ともなってしまうことがあります。
胃の萎縮が進行してしまうと胃の粘膜は腸の粘膜のようになる腸上皮仮性を起こすことがあり、胃がんを引き起こしてしまうことにつながってしまう場合も少なくありません。
ピロリ菌の感染は医療機関で内視鏡検査などを受けることで調べることができ、薬で除去療法を受けることができます。

悪玉菌の一種であるピロリ菌とは

腸内の環境を悪くし、便秘やいろいろな病気を引き起こす菌の中に悪玉菌があります。
悪玉菌には大腸の中にいる大腸菌、水中や土壌の中に生息しているウェルシュ菌、胃の中にいるピロリ菌など様々な種類があります。
ピロリ菌はらせん状をしており、人の胃の中に生息しています。
通常最近は酸性に弱いですが、ピロリ菌は自ら酵素を出してアンモニアを生成し、自分の周りをアルカリ性に保つことができるため、胃の中でも生きていくことができます。
主に感染する時期は子供の頃で、一度感染してしまうと自然治癒することは難しく、どんどん増殖をし続けてしまいます。
初めは自覚症状など全くないため菌に感染したことに気が付かないこともあり、大人になって検査や胃が痛くなるなどの症状によって気が付きます。
ピロリ菌は胃の粘膜を減らし、胃壁を傷つけるため胃潰瘍や胃がん、十二指腸潰瘍などになりやすくなります。
抗生物質などを飲むと除菌することができるので、胃が頻繁に痛くなったり、腸に炎症を起こすことが多くなったりした場合は検査を行うと安心です。