ピロリ菌をすっきり除去!
新着情報

◎2017/6/7

予防・対策テクニック
の情報を更新しました。

「胃炎 粘膜」
に関連するツイート
Twitter

[ガスコン]・・・ジメチコン 消化管内ガス駆除剤, 胃内有泡性粘液除去剤 [ガスロン]・・・イルソグラジンマレイン酸塩 粘膜防御性胃炎・胃潰瘍治療剤

☠緑茶:抗酸化作用があるが、タンニン酸を多く含む飲料(日本茶、コーヒー、紅茶、中国茶など)は常飲していると、萎縮性胃炎(胃の粘膜が薄くなり、進行すると、胃癌になる)の懸念。毎日10杯以上緑茶を飲む人は、進行した萎縮性胃炎になりやすいので飲み過ぎは×

ピロリ菌に感染するとピロリ菌が出す毒素により胃の粘膜に炎症を起し、それが長く続くと慢性の胃炎にになり、それからさまざまな胃の病気が発症します。

Twitter健康とアンチエイジングの話@beauhealthy

返信 リツイート 9/18(火) 20:30

[ガスコン]・・・ジメチコン 消化管内ガス駆除剤, 胃内有泡性粘液除去剤 [ガスロン]・・・イルソグラジンマレイン酸塩 粘膜防御性胃炎・胃潰瘍治療剤

吐子ちゃんの『吐血』は「出血性胃炎」に近いもので、胃粘膜の血流障害として吐血してます!彼女普通に吐血しますが、胃もたれとか吐き気もするし、胸に強烈な痛みもめまいもします!お陰で普通の人より胃が弱い!怖いね!!→

粘膜を守る防御因子には粘液や粘膜血流などがある。 老化、ストレス、慢性胃炎やアルコール、薬物(アスピリン、ステロイド)などにより防御因子が低下し、粘膜の傷害が大きくなる。 ◆胃の粘膜保護には粘液質が豊富なマシュマロウ/A #メディカルハーブ

Twitter植物療法&植物化学bot@MedicalHerbSt

返信 リツイート 9/17(月) 6:45

慢性胃炎 ピロリ菌によるものが80%(B型) A型は自己免疫性 萎縮性胃炎:血管透見像・粘膜上皮の再生が見られる

胃癌 ①粘膜下層までにとどまる早期胃癌 ②固有筋層以下に浸潤する進行胃癌 危険因子 ①H.pylori感染 ②食塩過剰摂取 ③喫煙 ④萎縮性胃炎 症状 ①無症状 ②辺縁不整な陥凹性病変 ③体重減少 ④心窩部痛など

[ガスコン]・・・ジメチコン 消化管内ガス駆除剤, 胃内有泡性粘液除去剤 [ガスロン]・・・イルソグラジンマレイン酸塩 粘膜防御性胃炎・胃潰瘍治療剤

返信先:@yuriamiyuki 最初はめっちゃ誉められました。胃壁がキレイ✨粘膜も厚いから胃ガンになりにくいタイプです✨と。 けど診断結果は、「萎縮性胃炎」でした。あんだけ誉められたのになんで?(T_T)

Twitter山口義博(よしりん)とこの新商品10月初旬に❗日本人全員が手話でありがとうが言える社会に❗@yyoshirinn

返信 リツイート 9/16(日) 10:16

ピロリ菌をなくそう!

ピロリ菌は腸上皮仮性を引き起こす

ピロリ菌は腸上皮仮性を引き起こす ピロリ菌は飲食物から体内に入りこんで感染するとされているもので、5歳以下で感染することが多いとされています。
このピロリ菌に感染してしまうと感染の自覚症状はほとんどないのですが、胃の粘膜に感染してしまうと胃に炎症を引き起こすとされています。
感染が長く続いてしまうと、感染の範囲が徐々に広がっていき胃粘膜全体に広がってしまうと慢性胃炎を引き起こしてしまいます。
慢性胃炎が長引くと胃の粘膜の胃液などを分泌する組織が減ってしまい胃の粘膜が薄くなってしまうことで胃の萎縮が進んでしまいます。
それによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎などを引き起こす原因ともなってしまうことがあります。
胃の萎縮が進行してしまうと胃の粘膜は腸の粘膜のようになる腸上皮仮性を起こすことがあり、胃がんを引き起こしてしまうことにつながってしまう場合も少なくありません。
ピロリ菌の感染は医療機関で内視鏡検査などを受けることで調べることができ、薬で除去療法を受けることができます。

悪玉菌の一種であるピロリ菌とは

腸内の環境を悪くし、便秘やいろいろな病気を引き起こす菌の中に悪玉菌があります。
悪玉菌には大腸の中にいる大腸菌、水中や土壌の中に生息しているウェルシュ菌、胃の中にいるピロリ菌など様々な種類があります。
ピロリ菌はらせん状をしており、人の胃の中に生息しています。
通常最近は酸性に弱いですが、ピロリ菌は自ら酵素を出してアンモニアを生成し、自分の周りをアルカリ性に保つことができるため、胃の中でも生きていくことができます。
主に感染する時期は子供の頃で、一度感染してしまうと自然治癒することは難しく、どんどん増殖をし続けてしまいます。
初めは自覚症状など全くないため菌に感染したことに気が付かないこともあり、大人になって検査や胃が痛くなるなどの症状によって気が付きます。
ピロリ菌は胃の粘膜を減らし、胃壁を傷つけるため胃潰瘍や胃がん、十二指腸潰瘍などになりやすくなります。
抗生物質などを飲むと除菌することができるので、胃が頻繁に痛くなったり、腸に炎症を起こすことが多くなったりした場合は検査を行うと安心です。