ピロリ菌をすっきり除去!
新着情報

◎2017/6/7

予防・対策テクニック
の情報を更新しました。

「ピロリ ガン」
に関連するツイート
Twitter

みんな堀江氏の健康の結論を読もう。 防げるガンで死ぬのは絶対嫌だ。 ピロリ菌の除去が大事なんだ。 digibuzz.biz/2018/09/01/pir… #健康の結論

ガンの原因の99%はピロリ菌が原因です。 原因がわかっているもので死ぬのはもったいない!ぜひみなさんピロリ菌の検査をしましょう。 病院にいく時間がない人は、検査キットもあります。

【コーヒーの効果】 コーヒーには胃が荒れるのではないか?というネガティブなイメージがありますが、実際には高い抗菌作用により胃潰瘍を起こすピロリ菌やサルモネラ菌などを退治する効果があります。 ほかにも、皮膚ガン、大腸ガン、肝臓ガン、肝硬変、糖尿病の予防にも効果があるそうです。

Twitter健康、美しく生きるために。@utukusikuikiru

返信 リツイート 7:36

返信先:@TrendStreamガンの原因は99%ピロリ菌だそうです。そのため、ホリエモンが著書で胃ガンで死ぬのは無駄死だから、さっさとピロリ菌の検査をするべきだといってました。 自分もトレストさんに同感です。強く除去をすすめたいです。

返信先:@i_need_clan ストレス性胃炎…(´-﹏-`;) 消化しやすい果物のバナナでその疑いって相当お疲れやね。ホントお大事にヾ(・ω・o) 帰国して落ち着いたら胃ガン予防にピロリ菌除去しましょーぜw

Twitterkey凛(きーりん)@kani_kuma108

返信 リツイート 5:58

KIDは胃ガンだったのか、俺も数年前にピロリ菌除去して、今年も胃カメラやって異常なかったから胃ガンに関しては今のところ問題ないかな

山本KID徳郁さんの「胃がんが見つかったのは2年以上前」 RIZIN実行委員長が告白 : スポーツ報知 hochi.co.jp/fight/20180919…ガンはほぼピロリ菌が原因というけれど、どうだったのかな。検査して感染が分かっていたなら避けられた死だったかもしれない。皆、検査してピロリ菌感染を防ごう。

<知らせたい「胃ガン」の予防知識> 「胃ガン」の98%は,「胃内のピロリ菌」が原因! =つまり発生は,偶然ではなく半必然 保菌率は50代で7割(井戸水などの経路) ネットで「検尿キット」買って、陽性なら薬で除菌可能。人生で最優先すべきお金の使い道! 山本KIDさん(享年41齢)に寄せて pic.twitter.com/e2JIbbQIgt

「胃ガンの原因はほぼピロリ菌 。家族に胃ガンがいたらピロリ菌が母乳などで母子感染してる可能性が高いです 。ピロリ菌検査は非常に簡単で息をフーッと吐くだけでピロリ菌がいるかいないか分かります 。ピロリ菌がいたら薬を飲めば10日間ほどで80%~90%で消滅します」だそうです

RT @gamisama: 胃カメラ終わった! 気持ち悪かったぇ 結果はなんもなしの健康体でした!ピロリ菌も居ないから胃ガンのリスクも低いって! 胃もたれとか胸やけはただの加齢と食べ過ぎだそうです。

ピロリ菌をなくそう!

胃の中で生命力が強いピロリ菌の除菌方法

胃の中で生命力が強いピロリ菌の除菌方法 胃潰瘍や胃がんの原因にピロリ菌が関係していることが多いです。
通常最近は胃の中では生息することができませんが、ピロリ菌の場合、生命力が強く、胃の粘膜に住み着くことができます。
自ら胃の中の尿素をアンモニアに変え、胃酸で中和をすることができます。
細菌が胃の中にいると、胃潰瘍や胃がん、十二指腸潰瘍になる可能性が高くなります。
ですが細菌のみが原因ではありません。
ストレスや喫煙、暴飲暴食、生活に乱れ、体質によって引き起こされます。
そのため、ピロリ菌が体内にいる場合、除菌と共に生活を見直すことが必要となります。
ピロリ菌の除菌方法には、抗菌薬が2種類と、胃酸分泌を抑える薬の3つを服用します。
1日2回で一週間服用することにより、除菌効果が高くなります。
1回行うと約80%の人が成功しますが、まれに除菌できないことがあります。
この場合は、抗菌薬の種類を替え、2回目として除菌療法を行います。
薬をきちんと飲まないと除菌されません。
飲み忘れないようにすることが大切です。

ピロリ菌を除菌するには?

ピロリ菌を除菌するもっとも一般的な方法は内服治療でしょう。
まず最初は、胃液の分泌を抑える胃薬に加えて、二種類の抗生物質が用いられることになります。
これらの内服薬を朝と夕の二回、一週間ほど服用します。
この時に、注意しておきたいのは、飲み忘れや飲み間違いに気を付けるということです。
仮に、薬を飲み忘れてしまったり、飲み間違えてしまったりすると、ピロリ菌の除菌に失敗する確率が高くなってしまうでしょう。
また、場合によっては、抗生物質が効かない耐性菌ができてしまう可能性もあります。
それで、処方された薬を、指示された通りきちんと服用することが重要です。
仮に、一度でピロリ菌を除菌できなかったとしたら、二回目の時には最初の時とは違う三種類の薬を服用することになります。
この場合も、毎日朝と夕に二回、一週間ほどの間服用します。
確実に薬を飲むようにするため、カレンダーにしるしをつけるなどの工夫ができるかもしれません。