ピロリ菌をすっきり除去!
新着情報

◎2017/6/7

予防・対策テクニック
の情報を更新しました。

「ピロリ ガン」
に関連するツイート
Twitter

✍ねぎ(ネギオール):ネギの白い部分に含まれるネギオールと呼ばれる成分には、強い殺菌作用もあり、胃炎や胃潰瘍、胃ガンの原因になるピロリ菌にも効力を発揮する。発汗作用やのどの炎症を抑えるのに効果もある。

Twitter ephemera ephemera

返信 リツイート 12:01

【コーヒーの効果】 コーヒーには胃が荒れるのではないか?というネガティブなイメージがありますが、実際には高い抗菌作用により胃潰瘍を起こすピロリ菌やサルモネラ菌などを退治する効果があります。 ほかにも、皮膚ガン、大腸ガン、肝臓ガン、肝硬変、糖尿病の予防にも効果があるそうです。

Twitter utukusikuikiru 健康、美しく生きるために。

返信 リツイート 昨日 22:37

返信先:@sasadebris ピロリ菌、ガンの可能性が増すのは聞いたような気がするんですが、胃潰瘍にもなりやすいんですね…(;▽;) ちゃんと良くなったら絶対検査に行きます!

ふらさんピロリ菌を持つ割合が高いので胃ガンになりやすい&消化器官の疾患が多い ってマジ!?w

Twitter flw21 吉ふらぞう

返信 リツイート 7/15(日) 13:26

返信先:@3732ekosuke 再検査、異常無しだといいですね🙂 私はガンの家系なので1年置きに胃カメラ飲んでいます。ピロリ菌もOKです。

返信先:@fujinitaiyou ガンマGTP… ガンメタのスカイラインGTRっぽくてカッコいい👍♪懐かしいや♡ そしてピロリはまだ私の体で飼ってるわ💦

胃がんの原因になるピロリ菌を殺菌すると逆流性食道炎になりやすくなり そこからバレット食道になり食道ガンのリスクがUPするとか なにやってんのかわからんな

Twitter dewachang 山田おかぴ【非公式】

返信 リツイート 7/14(土) 13:36

RT @GokagoHisoka: ニンニクのここがスゴイ!!! 食中毒のサルモネラ菌も殺す O157も殺す ガンの原因のピロリ菌も殺す 水虫も殺す ダニも殺す 性病の原因菌も殺す オウム真理教が使おうとした化学兵器の炭疽菌も殺す 12万倍に薄めても殺す とにかく菌を殺す ニ…

返信先:@vector_space他2人 前は矢印大明神だった気が。次は矢印…なんだろうね。 べさんのソードフォームとかガンフォームとかみたいなイメージになってきたわwピロリペロレリ

まずいよぉ、、、ピロリ菌検査引っ掛かってたよぉ、、、ガンになる細菌らしいよぉ、、、ハァ、最悪や

ピロリ菌をなくそう!

胃の中で生命力が強いピロリ菌の除菌方法

胃の中で生命力が強いピロリ菌の除菌方法 胃潰瘍や胃がんの原因にピロリ菌が関係していることが多いです。
通常最近は胃の中では生息することができませんが、ピロリ菌の場合、生命力が強く、胃の粘膜に住み着くことができます。
自ら胃の中の尿素をアンモニアに変え、胃酸で中和をすることができます。
細菌が胃の中にいると、胃潰瘍や胃がん、十二指腸潰瘍になる可能性が高くなります。
ですが細菌のみが原因ではありません。
ストレスや喫煙、暴飲暴食、生活に乱れ、体質によって引き起こされます。
そのため、ピロリ菌が体内にいる場合、除菌と共に生活を見直すことが必要となります。
ピロリ菌の除菌方法には、抗菌薬が2種類と、胃酸分泌を抑える薬の3つを服用します。
1日2回で一週間服用することにより、除菌効果が高くなります。
1回行うと約80%の人が成功しますが、まれに除菌できないことがあります。
この場合は、抗菌薬の種類を替え、2回目として除菌療法を行います。
薬をきちんと飲まないと除菌されません。
飲み忘れないようにすることが大切です。

ピロリ菌を除菌するには?

ピロリ菌を除菌するもっとも一般的な方法は内服治療でしょう。
まず最初は、胃液の分泌を抑える胃薬に加えて、二種類の抗生物質が用いられることになります。
これらの内服薬を朝と夕の二回、一週間ほど服用します。
この時に、注意しておきたいのは、飲み忘れや飲み間違いに気を付けるということです。
仮に、薬を飲み忘れてしまったり、飲み間違えてしまったりすると、ピロリ菌の除菌に失敗する確率が高くなってしまうでしょう。
また、場合によっては、抗生物質が効かない耐性菌ができてしまう可能性もあります。
それで、処方された薬を、指示された通りきちんと服用することが重要です。
仮に、一度でピロリ菌を除菌できなかったとしたら、二回目の時には最初の時とは違う三種類の薬を服用することになります。
この場合も、毎日朝と夕に二回、一週間ほどの間服用します。
確実に薬を飲むようにするため、カレンダーにしるしをつけるなどの工夫ができるかもしれません。