ピロリ菌をすっきり除去!
新着情報

◎2017/6/7

予防・対策テクニック
の情報を更新しました。

「ピロリ菌 除菌」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Happinesstouch1 成功を祈ってます👏 40歳以上はピロリ菌2人に1人ですって😱😱 除菌すれば胃がんのリスクも格段に減りますもんね。

Twitter pearltosky パーチョと空

返信 リツイート 5分前

返信先:@pearltosky ありがとうございますU^エ^U♪ 腫瘍の疑いが、繰り返し出来た為、変形した潰瘍とわかり、ピロリ菌検査して。。。除菌になりました! アレルギー体質で… 蕁麻疹がきつかつたけど、昨夜で終わりました! 9月12日に 呼気検査です… 成功してたら嬉しいです!

返信先:@smzk_1855 へ?!ヨーグルトで除菌できるんだ😲 薬いらんやん! てか、ピロリ菌いませんでしたーって報告すんのかなw

Twitter rossi_12sr へんたい少佐🍄

返信 リツイート 11:57

今日からピロリ菌除菌治療を開始。と言っても、1週間薬飲むだけなんだけど。

会社休んで病院行ったら薬疹だった。 ピロリ菌除菌の抗生物質の副作用。

おはようございます。 今日はお休み。3連休明けの無駄な優越感😁 ピロリ菌除菌検査、すっかり忘れてたので病院へ。連休明けだから混んでる😅 なかなか来れる日が無いのでやれればやっちゃいたいが、連休明けに病院に行くもんじゃないな😵

Twitter nantokachasan なんとか茶🔰

返信 リツイート 9:05

返信先:@daicbr650f この前したけど 思ってたほど苦しくなかった!(口からのヤツ、鼻からのは未経験)ピロリ菌も診といた方が!僕はピロリ菌除菌中…

返信先:@chikagaigirl ゆめこさんもピロリ菌いるのですね😭 幼児期に、親の食べかけなんかで感染するみたいです💦 私の知り合いも、定期的に除菌を繰り返してました😭💦 辛いですよね😭

Twitter korokichi0220 73(ななみ)

返信 リツイート 7:07

返信先:@shizupanda ひょっとしたら、除菌方法が変わっていたらごめんなさい。 ピロリ菌って騒がれはじめた頃の、治療方法ですので…。

Twitter OnesongsB 保志キラ

返信 リツイート 0:51

返信先:@shizupanda タケプロンは、単体だと、逆流性食道炎の薬です。ピロリ菌除菌には、抗生物質2種が必須です。ドグマチールは、古くからあります。早めに検査してくださいね。胃カメラ苦手な私も、働いている時は、毎年やっていました。ピロリ菌の検査は、痛くも痒くもありません。→

Twitter OnesongsB 保志キラ

返信 リツイート 0:48

ピロリ菌をなくそう!

ピロリ菌の除菌ができる病院について

ピロリ菌の除菌ができる病院について ピロリ菌の除菌や検査は、消化器内科や胃腸科の病院で行うことができます。
消化器内科や胃腸科の病院でのピロリ菌の除菌療法の手順は、内視鏡検査や抗体測定、尿素呼気試験、便中抗原測定などの検査を行い、菌の有無について調べます。
検査の結果、菌の生息が確認できた場合はピロリ菌の除菌療法を行います。
ピロリ菌の除菌療法の内容は、胃酸の分泌を抑える薬と抗菌薬を7日間にわたって服用し、除菌の測定検査を行います。
測定検査の結果、菌が死滅していれば除菌療法は終了します。
約75%の人は除菌できていますので、多くの人が一次除菌療法で除菌することができます。
一次除菌療法で除菌ができなかった場合は、服用する薬の種類を変えて二次除菌療法を行います。
二次除菌療法を受けるとほとんどの人が除菌することができ、胃がんのリスクが低下します。
除菌療法の注意点として、薬の飲み忘れは厳禁ですので、指定された薬を忘れずに必ず服用するようにします。
高齢の患者さんは薬を飲むのを忘れやすいので、家族の人が見守ってあげることが大切です。

ピロリ菌の除菌は実績のある病院で

ピロリ菌は胃の病気の原因になる細菌で、日本での感染者数は約3,500万人に上ると言われています。
多くの人は、胃炎や胃潰瘍などの症状が出るまで、自分が感染していることに気づきません。
感染経路は主に口からで、免疫力の少ない幼児期に大人から口移しで食べ物をもらったときに、唾液にピロリ菌が含まれていたケースが最も多いと考えられています。
逆に大人になって感染するケースはありません。
ピロリ菌は一度感染すると、長く胃の中に存在し続けます。
日本ヘリコバクター学会では、すべての感染者に除菌治療を推奨しています。
病院で受ける除菌治療では、胃酸の分泌を抑える薬と抗菌薬を服用します。
医師の指示がないのに勝手に服用を中止すると、菌が耐性を持ち、薬が効かなくなるおそれがあります。
副作用として、下痢や軟便、味覚異常、発疹、かゆみが報告されています。
除菌治療を受けるときには、実績のある病院を選ぶようにします。
そのような病院では除菌成功率の数値が高いだけでなく、治療に使う薬や除菌までの経緯など、細かく説明してくれる傾向があります。
胃の健康を保つために、実績があり信頼できる病院を見つけましょう。