ピロリ菌をすっきり除去!
新着情報

◎2017/6/7

予防・対策テクニック
の情報を更新しました。

「ピロリ菌 除菌」
に関連するツイート
Twitter

人生初の胃カメラを飲んでみました。 舐めてました (´・ω・`) 想像の10倍くらいきつくて、唾液を飲めないのもつらいです。 先生に「何度も十二指腸潰瘍になって、治ってしてるねー」って言われたので、たぶんピロリ菌いるやろうなー。 除菌確認はまた胃カメラなのだろうか… ((( ;゚Д゚)))

胃カメラの予定入れた。みんな、年に一回はした方がいいよ。あと、ピロリ菌除菌は大事だよ。山本キッドも胃がんだったみたいだけど、ピロリ菌除菌しとけば、胃がんのリスクはかなり減るから。

Twitterフシギダネ(26歳 独身)@rasikulion

返信 リツイート 10:53

胃がん原因の98%・ピロリ菌除菌で食道がんリスク増や必要な菌除去で腸内バランス崩壊も biz-journal.jp/2017/05/post_1… @biz_journalさんから

ポロリじゃなかったピロリ退治しなきゃ…いるか知らんけど >>胃がん死者数5年連続で減少 注目される「ピロリ菌除菌治療」 バリウムは廃止の動き(3/3ページ) - 産経ニュース sankei.com/premium/news/1… @Sankei_newsさんから

返信先:@uuuaaa311 ピロピロピロ〜(ピロリ菌に感染して2回十二指腸潰瘍になって除菌した人)

返信先:@unikko_unikko いやあれから大分変ったよ!!(笑)ピロリ菌除菌してこの半年くらいで6キロ近く太った!おそろしや!wwwプラス10年後には重力が…ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!! うんうん、重力は平等だ!←私も頑張って貯蓄するぞぉー!٩(థ∀థ)۶

胃がんによる死者数が減少中、ピロリ菌除去の保険適用が影響か | スラド srad.jp/story/18/09/18…除菌という能動的な対応以上に、上下水道の普及など、公衆衛生の向上が大切> そもそもの保菌率が全然違ってくるんだ。

<知らせたい「胃ガン」の予防知識> 「胃ガン」の98%は,「胃内のピロリ菌」が原因! =つまり発生は,偶然ではなく半必然 保菌率は50代で7割(井戸水などの経路) ネットで「検尿キット」買って、陽性なら薬で除菌可能。人生で最優先すべきお金の使い道! 山本KIDさん(享年41齢)に寄せて pic.twitter.com/e2JIbbQIgt

返信先:@riesa213 アドバイスありがとうございます。 胃がんではないのですが、実家の父が昔から、胃や十二指腸に潰瘍が出来やすい体質で、ピロリ菌もたぶん父から移ったと思われます💦。早く除菌してリスクは減らしたいですね😅。

こうしてアホな空リプができるほど体は元気になったよー😭! ほんとのほんとの完治ってのは結局人間だから無理かもしれないけど、もうなんとかするからいい! 検査の結果たまたま見つかってしまったピロリ菌除菌したら、胃のぐるぐる感も治るかな! 良い経験をした!レベルが2ぐらい上がった!

ピロリ菌をなくそう!

ピロリ菌の除菌ができる病院について

ピロリ菌の除菌ができる病院について ピロリ菌の除菌や検査は、消化器内科や胃腸科の病院で行うことができます。
消化器内科や胃腸科の病院でのピロリ菌の除菌療法の手順は、内視鏡検査や抗体測定、尿素呼気試験、便中抗原測定などの検査を行い、菌の有無について調べます。
検査の結果、菌の生息が確認できた場合はピロリ菌の除菌療法を行います。
ピロリ菌の除菌療法の内容は、胃酸の分泌を抑える薬と抗菌薬を7日間にわたって服用し、除菌の測定検査を行います。
測定検査の結果、菌が死滅していれば除菌療法は終了します。
約75%の人は除菌できていますので、多くの人が一次除菌療法で除菌することができます。
一次除菌療法で除菌ができなかった場合は、服用する薬の種類を変えて二次除菌療法を行います。
二次除菌療法を受けるとほとんどの人が除菌することができ、胃がんのリスクが低下します。
除菌療法の注意点として、薬の飲み忘れは厳禁ですので、指定された薬を忘れずに必ず服用するようにします。
高齢の患者さんは薬を飲むのを忘れやすいので、家族の人が見守ってあげることが大切です。

ピロリ菌の除菌は実績のある病院で

ピロリ菌は胃の病気の原因になる細菌で、日本での感染者数は約3,500万人に上ると言われています。
多くの人は、胃炎や胃潰瘍などの症状が出るまで、自分が感染していることに気づきません。
感染経路は主に口からで、免疫力の少ない幼児期に大人から口移しで食べ物をもらったときに、唾液にピロリ菌が含まれていたケースが最も多いと考えられています。
逆に大人になって感染するケースはありません。
ピロリ菌は一度感染すると、長く胃の中に存在し続けます。
日本ヘリコバクター学会では、すべての感染者に除菌治療を推奨しています。
病院で受ける除菌治療では、胃酸の分泌を抑える薬と抗菌薬を服用します。
医師の指示がないのに勝手に服用を中止すると、菌が耐性を持ち、薬が効かなくなるおそれがあります。
副作用として、下痢や軟便、味覚異常、発疹、かゆみが報告されています。
除菌治療を受けるときには、実績のある病院を選ぶようにします。
そのような病院では除菌成功率の数値が高いだけでなく、治療に使う薬や除菌までの経緯など、細かく説明してくれる傾向があります。
胃の健康を保つために、実績があり信頼できる病院を見つけましょう。